喜多方の酒造り

次々と洒落た蔵に出会う。
画像

レンガと蔵の相性がこんなにイイなんて
画像

江戸時代・・・
画像

この蓋の曲線 うらやましい こんなの造っちゃって
画像

入口の瓦も曲線なんだよね。
画像

会津若松にもあった 閉まる風窓 雪国の智恵なんだな。
画像

こんなバランスも素敵だ。
画像

そんなに煉瓦は古くないんだろう
もう蔵自身は朽ちてしまっていたんだけど
直して住みたいよ~
レンガで積る雪から壁を守っていたのだろう・・・
まだまだ残っていてほしい
画像

そうしてふらふらしながら 酒蔵へ
画像

江戸時代からの酒蔵の残る素敵な場所
「大和川酒造」ガイドをしてくれる方がいろいろなお話をしてくれた。
俺は日本酒飲まないんだけど
酒造りの信念やこだわりに とても感動した。
画像

ここのお話は みんなに伝えたいから
きちんと思い出します。 
また今度

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

nori
2013年06月19日 08:43
蔵と言ってもいろいろなデザインの蔵があるんですね。蔵ってみんな同じかと思っていましたが、写真で見せてもらうと、それぞれみんな違うんですね。ただ通り過ぎただけでは見えないものが、ゆっくり見て廻ると違いが分かるんですね。いい勉強になりました。
Atelier・M
2013年06月25日 02:02
nori様先日はありがとうございました。
もっとゆっくりお話ししたかったですが、
またの機会を楽しみにしています。
会津の魅力の余韻がまだ冷めません。
会津最後のブログは築1000年を超える神社です。
また近いうちUPしますので ご覧くださいませ。

この記事へのトラックバック